[矢倉]羽生善治九段 対 豊島将之竜王 お~いお茶杯第62期王位戦挑戦者決定戦

Hasの棋譜巡り。

毎回自分で気になった棋譜をまとめています。

今回は藤井聡太王位へのタイトル戦挑戦がかかった一局です。

羽生九段と豊島竜王の戦いはいつも楽しみにしています🥰

意表の展開となりましたね。

それでは始めます。

目次

羽生善治 九段 vs. 豊島将之 竜王 お~いお茶杯第62期王位戦挑戦者決定戦 棋譜

開始日時:2021/05/24 10:00:00
終了日時:2021/05/24 18:18:00
棋戦:王位戦
場所:関西将棋会館
持ち時間:各4時間
消費時間:110▲202△192
手合割:平手
先手:羽生善治 九段
後手:豊島将之 竜王
戦型:矢倉

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲7七銀 △6二銀 ▲2六歩 △4二銀 ▲2五歩 △3三銀
▲4八銀 △3二金 ▲5六歩 △4一玉 ▲5八金右 △5二金 ▲7九角 △5四歩 ▲6六歩 △7四歩
▲6七金 △3一角 ▲6八玉 △4四歩 ▲7八玉 △6四角 ▲4六角 △3一玉 ▲3六歩 △7三桂
▲1六歩 △5三銀 ▲1五歩 △9四歩 ▲9六歩 △2二玉 ▲3七桂 △4二銀右 ▲2四歩 △同 歩
▲6八角 △4三銀 ▲8八玉 △8一飛 ▲7八金 △9二香 ▲2九飛 △2三金 ▲4六歩 △9一飛
▲8六銀 △3二銀 ▲4七銀 △4三金 ▲5五歩 △同 歩 ▲4五歩 △同 歩 ▲3五歩 △8五歩
▲9七銀 △3五歩 ▲4五桂 △3四銀 ▲4六銀 △4四歩 ▲3三歩 △同 桂 ▲同桂成 △同金右
▲2六桂 △2五銀 ▲1四歩 △同 歩 ▲同 香 △2六銀 ▲3四歩 △同金左 ▲2六飛 △2三桂
▲6五歩 △同 桂 ▲5四銀 △1四香 ▲6五銀 △8二角 ▲5七銀 △1一飛 ▲7四銀 △1八香成
▲6六飛 △6四香 ▲6五歩 △5四桂 ▲6四歩 △6六桂 ▲同 銀 △6四歩 ▲2六桂 △1七飛成
▲3四桂 △同 金 ▲4六桂 △2五金 ▲3四香 △2一銀 ▲5五銀 △1三玉 ▲1五歩 △同 桂
▲投了
まで110手で後手の勝ち

矢倉戦となった本局。

後手の豊島将之 竜王が銀矢倉に組み替えようとしたタイミングから先手の羽生善治 九段が攻めて行きました。

これは端歩を詰めている手を活かそうという手ですが、

そのまま角を引き、金矢倉に組んで行きました。

この歩突きが入っているので、もう一枚歩があれば継ぎ歩攻めが出来るので優位ですが、その歩を取れません。

結果的に☖2三金と上がられ逆に咎められてしまった形になりました。

このタイミングで角交換や、無難に☗6八金とする手も有力かと思います。

☗9七銀か、☗7七銀か

KENTOより引用

☖8五歩と突いた局面。この端に戦力を集中されている状況でのAIの分析では☗7七銀の方を最善と表示しています👀

いやあ〜自分なら☗9七銀を端を守りたくなってしまう…羽生九段もそう指しているし。

この場合は先手が歩を持っていないので、☖7七銀として、端を攻めてもらい、そこで歩を補充して、攻めに使う。

という発想と、端を詰められても☗7九玉と逃げれば良い。という考えで、確かに☗7七銀の方がチャンスが多かったのかもしれません。

手を変えるならこのタイミングだったか

後手玉を追い詰められず羽生九段の投了となったのですが、展開を見ると手を変えるならこのタイミングか。

☖1一飛と回った際に☗7四銀と歩を補充した手が緩い気がしました。

その手が入った事でこの後飛車と桂香の交換に持ち込まれて差が開いてしまったので、

先に☗6六飛車と回った方が良かったのかもしれませんね。

☖9三角と攻められても☗4六桂打で金を攻めます。

これだと飛車角交換になりやすいので本譜よりも差が少ないかな〜と。

羽生九段は残念な結果となりましたが、豊島竜王には是非とも藤井聡太王位と熱戦と繰り広げて頂きたいと願っています🥰

それではまた🙌🏻

[矢倉]羽生善治九段 対 豊島将之竜王 お~いお茶杯第62期王位戦挑戦者決定戦

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる