漫画『HELLSING』実写化が楽しみ!「ジョン・ウィック」脚本家にて

米メディア「DEADLINE」によると「ジョン・ウィック」シリーズの脚本家として知られる

Derek KolstadさんとAmazonスタジオによる

平野耕太さんによる漫画『HELLSING』実写化企画が進行中であることが報じられた。

なんとヘルシングが実写化✨

Twitterでこの情報を見かけた際は心躍りました笑

実際どのようになるのかはまだ不明のようですが、楽しみが増えましたね〜🥰

記念にTwitterでの皆様の反応をまとめたいと思います。

ハリーハリー🥰✨
お?少佐がマッツはありかも…🤔?
いや、神父がマッツの方が良いな✨
https://twitter.com/black06011/status/1367684361319895042?s=20
ここにブルース・ウィリスは勿体なさ過ぎる🤣www
https://twitter.com/fegelein_PKM/status/1367702889938907139?s=20
みんな考える事は同じ笑大丈夫かなあ😅
ウォルターのシーンは是非再現してほしい✨
https://twitter.com/kishimagame/status/1367688507611701250?s=20

皆さん楽しみにしているようですね🥰

いつ頃公開になるのかはまだわかりませんが、企画が進行しているという事だけでも嬉しいですね!

一体どんなキャスティングになるのでしょうか?

個人的にはキアヌ・リーブスがアーカード。

マッツ・ミケルセンが神父も良いかな〜と思ったけど、

色気を重視して、マッツはベルナドット隊長で🙌🏻✨

神父はヒュー・ジャックマンでどうでしょうか🥰笑

いええええええいめええええんが聞きたいだけですはい。

今のうちにアニメ見返しておこうかな!

アマゾンプライムでOVAが見れますね✨

あの気合いの入れようは本当に最高です♪

次の情報を楽しみに待つとします。それではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる