[棋譜巡り]佐藤天彦 九段 対 木村一基 九段 第70回NHK杯準々決勝第3局

Hasの棋譜巡り。

今回は先日行われたNHK杯についてです。

激しい展開の続くドキドキする将棋になりましたね😳

見応えたっぷりの一局を振り返りますね。

それでは始めます。

目次

佐藤天彦 九段 vs. 木村一基 九段 第70回NHK杯準々決勝第3局 棋譜

開始日時:2021/01/08 11:13:00
終了日時:2021/01/08 12:45:00
棋戦:NHK杯
場所:東京・NHK放送センター
持ち時間:10分
手合割:平手
先手:佐藤天彦 九段
後手:木村一基 九段

▲7六歩 △8四歩 ▲5六歩 △6二銀 ▲5八飛 △4二玉 ▲4八玉 △3二玉 ▲3八玉 △3四歩
▲5五歩 △5二金右 ▲1六歩 △1四歩 ▲2八玉 △4二銀 ▲3八銀 △6四歩 ▲7七角 △6三銀
▲6八銀 △3三銀 ▲5七銀 △7四銀 ▲5九角 △4四銀 ▲4六銀 △8五歩 ▲7八金 △6五銀
▲7五歩 △7四歩 ▲7七桂 △7六銀 ▲7四歩 △8六歩 ▲7三歩成 △同 桂 ▲8六歩 △6五桂
▲8五桂 △7七歩 ▲6八金 △8五銀 ▲同 歩 △同 飛 ▲6六歩 △8九飛成 ▲6五歩 △7八歩成
▲同 金 △6六桂 ▲5六飛 △7八桂成 ▲8六飛 △6九龍 ▲5七銀 △1三角 ▲4六歩 △5八金
▲同 金 △同 龍 ▲4八角 △6七金 ▲4七金 △6八成桂 ▲8一飛成 △5九成桂 ▲5六銀 △4九成桂
▲7五角 △7四歩 ▲6七銀 △同 龍 ▲8四角 △8七龍 ▲4九銀 △4七龍 ▲4八銀 △8七龍
▲6四歩 △4二金 ▲5四歩 △4六角 ▲4五歩 △3三銀 ▲6三歩成 △同 金 ▲2五桂 △2四銀
▲6六角 △5五銀 ▲8七龍 △6六銀 ▲6五飛 △6二歩 ▲5三歩成 △同金左 ▲6六飛 △5五角
▲5六飛 △9九角成 ▲8一龍 △5一歩 ▲5二歩 △同金引 ▲6四歩 △同 金 ▲5三桂 △4二金直
▲4一銀 △2二玉 ▲5二銀成 △同 金 ▲4一桂成 △2五銀 ▲3一成桂 △5三香 ▲3二金 △1三玉
▲1七桂 △5六香 ▲2五桂 △2四玉 ▲2一成桂 △3五歩 ▲4六桂 △3四桂 ▲3三桂成 △同 馬
▲同 金 △同 玉 ▲2五金 △3二玉 ▲3三銀 △2一玉 ▲3二角 △1二玉 ▲3四金 △3一桂
▲2五桂 △5五角 ▲9一龍 △3六桂 ▲同 歩 △4六角 ▲3七桂 △3六歩 ▲1三香 △投了
まで149手で先手の勝ち

[棋譜巡り]佐藤天彦 九段 対 木村一基 九段 第70回NHK杯準々決勝第3局

今回の将棋、居飛車党の佐藤天彦 九段がなんと中飛車を採用しました👀‼️

最近急に採用が増えている佐藤先生の中飛車。

以前藤井二冠に中飛車を使って以来、頻繁に採用していますね。

集中して研究しているのでしょう。

そして後手の木村一基九段は☖6三銀から☖74銀と出ました。

この形も珍しいですね✨

多いのは☖6二銀から☖7三銀、☖6四銀と使った上で桂馬を跳ねやすくしている形を作っている事が多いのですが、

この形だとどう使うのかな…?と思いましたが、☗4六銀と使ったので、後手は銀の形をほぐしやすくなりましたね。

[棋譜巡り]佐藤天彦 九段 対 木村一基 九段 第70回NHK杯準々決勝第3局

後手の木村先生は竜も作れていて、桂馬による両取りもかけているので後手十分かなあ〜とか思っていたら

評価値数値的にはほとんど差がない状況でしたが、☗5六飛とした手がなかなか良い手で、後手の対応が難しくなりました。

今回は自然と☖7八桂成としましたが、この後の展開だとこの手がどうだったか…。

振り飛車らしい☗8六飛車と角の当たりを使った交換を誘う手が意外と難しく、居飛車の攻めが遅くなってしまいました。

☗7八竜とした場合の検討

個人的には桂馬ではなくて竜で金を取って攻めが早くなるようにした方が間に合った可能性が高いかな〜とか思いました。

ただ、実際は難しいと思います。

金三枚のスクラム

[棋譜巡り]佐藤天彦 九段 対 木村一基 九段 第70回NHK杯準々決勝第3局

木村先生は受け師らしく☖4二金打と金三枚のスクラムを組みましたが、若干守りすぎな感じも。

どうやって崩すのかな〜と思ってみていると、いかにも筋な☗5四歩から入りました。

ここから先は佐藤天彦九段の芸術的な指し回しで木村陣営が少しずつ崩れて行きます。

途中の☗2五桂打からの☗6五角が厳しく、☖玉が☗2二金の詰めろになっており、後手は☖5五銀を打つしかない上、竜も取られてしまいました…これにより一気に攻めゴマ不足に😱

気になる一手

[棋譜巡り]佐藤天彦 九段 対 木村一基 九段 第70回NHK杯準々決勝第3局

この場面で何が正解なのかを見つけるのは難しいと思っていたら桂馬から👀✨

普通に歩打ちから銀打ちとかしか見えなかった…😅

やはりプロって凄い…✨

この桂打ちからの☗4一銀打ちが思った以上に厳しく木村玉は綺麗に追い込まれていきました。

最後のチャンス…?

[棋譜巡り]佐藤天彦 九段 対 木村一基 九段 第70回NHK杯準々決勝第3局

お互い1分将棋となり、判断が難しい場面が続いていますが、先手の佐藤先生が桂馬を取った場面。

次に☗3六桂打ちからの詰みがありそうなので、後手の木村先生も☖3五歩と防ぎましたが、

もしかすると詰みはなかった可能性が…😳

分析してみると詰みはなかったので、

それならばと、このタイミングで代わりに攻めの手を指して検証してみましたが、

逆転には至らず…😭

☖6一飛車から色々検証してみたけどダメでした。

もっと前からじゃないと無理ですねえ。残念。というか、佐藤先生の寄せ方が素晴らし過ぎる…😂✨

☖3五歩の代わりに☖6一飛打の検証

ずっと詰めろ続きの攻めをされ、追い詰められた木村玉。詰めろのがれの詰めろがなかったので逆転は出来ませんでしたが、

木村先生も流石の粘りですね!

こういう指し回しは本当に勉強になります!

[棋譜巡り]佐藤天彦 九段 対 木村一基 九段 第70回NHK杯準々決勝第3局

☗1三香打にて木村先生の投了となりましたが、投了図以下はこのような流れで詰みになります。

まとめ

意表の佐藤天彦九段の中飛車戦法に上手く対応した木村一基九段でしたが、振り飛車らしい軽い捌きにより徐々に先手優勢に。

そこからの綺麗な寄せはとても参考になる一局になったかと思います。

TVを観ていてハラハラしました…!!

ここまで来たら佐藤先生には次局も振り飛車を指して欲しいなあ〜☺️

と思いました笑

今年のNHK杯はなかなか面白いですねえ♬

今後が楽しみです!

それではまた🙌🏻

[棋譜巡り]佐藤天彦 九段 対 木村一基 九段 第70回NHK杯準々決勝第3局

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる