[Withings]Scan Watchレビュー。デザインから機能まで好みすぎる…!

Withings Scan watch
引用 Withings Scan watch

いや〜待ってました!WithingsScan Watch。日本では発売が遅れていましたが、やっと発売されました。

期待されていた新機能ですが、残念ながら日本では認可が下りないのか、心電図とSpO2(血中酸素飽和度)計測機能は対応せずに販売されています。

世界では使えてるのに日本では使えないって…日本の医療の法律なんとかして下さいよ〜!!

認可が厳しすぎるのでは…。まあ今回は我慢するしかないですね。

一応アップデートにて対応予定とかいてあるので、認可が降りれば日本でも使えるようになると思われます。

Has

それでも余りあるScan Watchの魅力をご紹介しますね。

今まで検討もしていなかった人にこそ使って欲しい、そんな時計です。

目次

Withings ScanWatchの価格

Withings Scan watch
引用 Withings Scan watch

文字盤はブラックとホワイトの二種類で、サイズも38mm、42mmの二種類展開となっています。

38ミリモデル 36,240円

42ミリモデル 38,490円

となっているので、どちらか好きなサイズを選んで頂く感じですね。

開封から見た目

パッケージ

Withings Scan watch

パッケージはこんな感じ。

今回はScan Watch 38mmのホワイトを購入しました。

Withings Scan watch

パッケージ裏。

Apple HealthとGoogle Fitどちらも対応しています。

ちなみに筆者はGoogleのpixel3XLを使ってますのでGoogle Fitをリンクさせています。

上の2つの項目のみこっそりシールが貼ってある笑

きっと心電図とSpO2について書いてあったんだろうなぁ〜と想像してしまいます。

心拍と呼吸の乱れを測定してくれるだけでも凄いですけどね!

内箱

Withings Scan watch

綺麗な箱に入ってます。

Withings Scan watch

おお〜お洒落〜♫なんだか眼鏡ケースみたいな感じで時計を入れてくれていました。私は仕事中は残念ながら邪魔になってしまう為外さないといけないのですが、こういう人にとってケースがあるのは有り難い…!

Withings Scan watch

なんとまぁ良い感じ…♫あまりスマートウォッチに見えない辺りが凄く好みです。

以前Apple Watchを持っており、使用していましたが普通の時計感が欲しくて使わなくなっていました。これなら何も気にせず普段使い出来る!

時間表記

Withings Scan watch

こんな感じ。日と曜日も表記されます。

ボタンを押した時のみ表示するようにも設定出来るし、時計の時間を見るような仕草をすると、一緒にデジタルの部分も表示するように設定する事も可能。

心拍数

Withings Scan watch

定期的に自動で測ってくれるので、気になる時に見ると少し楽しい。

歩数

Withings Scan watch

歩数もちゃんと計測してくれます。腕時計の良い所は携帯を持っていなくてもちゃんとカウントしてくれる事。

この違いは結構大きいです。快適♪

目標を設定しておくと達成時にバイブ機能でお知らせしてくれます。

移動距離

Withings Scan watch

移動距離も出るので参考になります。

気軽に見れるから結構モチベーションが上がるかもです。

あえて歩きたくなる感じ。

睡眠時に呼吸の乱れを判断してくれる

腕時計をしたまま寝ると、寝ている間に睡眠の質をグラフ化してくれます。

何が良いかって、勝手にアプリと連携して、自動で記録を取ってくれる事。

忙しい人の味方です。

Withings Scan watch

これが以外と楽しい…!今日はちゃんと寝れてたのかな?が良く見えるようになるので日々の生活の参考になります。

Withings Scan watch

睡眠の深さを時間分けしてくれて、分析してくれます。

悪いって言われてもなぁ…笑

どう改善しよう…🤔

Withings Scan watch

睡眠時の心拍数も見てくれるので参考になります。

寝ている最中はちゃんと心拍数が下がって身体を休めているんですね😊

Withings Scan watch

呼吸の乱れがあったかどうかも見てくれます。

睡眠時無呼吸症候群の方や、いびきをかきやすい方はいつしているのか人に指摘されずとも自分で判断出来るようになります。

Withings Scan watch

ちなみに、一度眠れなくて起きてしばらくブログ活動をして眠くなってからまた寝た日があったのですが、次の日に確認するとこのようになっていました。

ちゃんと合算して計算してくれるようです。

不規則でも大丈夫ですよ!安心して下さい笑

ふぅむ…便利だなぁ本当に🤔✨

ワークアウトしてみました

実際に運動した場合はどうなるか。

ジムにてランニングマシーンで少し走ってみました。

Withings Scan watch

こんな感じでランニングマシーンでも距離と消費カロリーが表示されます。

さらに心拍数も見れるので、どの程度ハードワークしたかも判断出来ます。

ランニングしてると徐々に心拍数が上がって行くんですね。意外と自分の身体ってどうなってるか分からないので新しい発見です。

体重計ともアプリでリンクする

Withings Scan watch

実は私元々、ダイエットの為に新しい体重計が欲しくて色々と探した結果Withingsにたどり着き

Body Cardioというタイプを普段から使わせて頂いてます。この体重計もこれまた便利で、乗るだけで体組成を測ってくれた上で自動でアプリの方と連携してくれて勝手にグラフ化してくれます。

自分は乗るだけでよい、との事で買ってみたらこれまた当たりだったんですよね…!

やっぱり楽出来るって素晴らしいです。一々手動で連携するタイプとかにはもう戻れませんね…

そもそもこの体重計だけでもGoogle Fitと連携してくれて、体重計に、乗るだけで何故か今日と明日の天気が表示されたり、歩数も心拍数も表示されます。

それだけでも十分満足だったのですが…ただ、どうしてもジムに行ってランニングマシーンとかで運動する時に携帯を持ちながらでないと正確にカウントしてくれないのが結構なストレスで…

やっぱり何も持たずに快適に運動したい…!

その欲求に勝てず今回のScan Watch購入に至った訳です。

結果

常に自分の身体の、状態を自動でグラフ化してくれる生活を送る事が出来ています。

目で見れるというのはやはり意識が変わって、自然と健康思考になっていくので面白いものです。

余力がある人は是非とも腕時計と体重計をセットで運用して頂きたい…!人生変わるかもですよ笑

ちなみにですが、筆者はこの体重計をダイエットの途中から買って記録を取りながら日々生活していますが、丁度半年くらいで6.5kgの減量に成功しました。

やはり目に見えるとやる気が起こりやすいですね。ちなみに体重計を買ったから痩せたわけではありませんよ!!

勘違いしないでくださいね。

ちゃんと良い記録を取りたいと言う欲求から自然と頑張ることが出来た。と言うことが結果に結びついています。

形から入るのも大切かも…🤔✨笑

腕時計も体重計もGoogle Fitで取ったデータも全て連携してWithingsの Health Mateと言うアプリで一括で確認出来ます。

やる気があればMy FitnessPalと言うアプリとも連携が出来、食生活も追加でカロリー管理をする事も可能です。

まとめ

お洒落に見えながらもしっかりとスマートウォッチの役割も果たしてくれる。そんな便利なwithingsのScan Watch。

Apple Watchに飽きた方や、どのスマートウォッチを買おうか悩んでいる方。一度検討してみては?

筆者は割と流行りすぎるとぐれてマイナー路線を攻めたくなってしまう少し捻くれた考え方を持っていますが、あまり他人とも被らないし結構使っていて気持ちが良いです♪

アンドロイド携帯のユーザーさんは特にオススメですかね。

ダイエットを考えられている方も補助用品としては最適ですよ。

費用はそれなりにしますが、この機能ならこれくらいするかな。と言う感想です。

Amazonでの購入価格が少し安くなっているのでご検討下さい。

それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる